ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【レイプ】夫に痴態を 見せ付ける淫乱妻2【体験談】

翌朝、夫は綾香に「今度、信也さんと二人で会ってみる?」と言ってみた。綾香は少し驚いた様子で「えっ?あなた何言ってるの?」と言いつつも、本当は信也さんと二人で激しく愛し合いたいと思っているようであった。夫:「昨日の夜、綾香と信也さんが二人だけで激しいエッチをしているのを想像したらすごい興奮して、夜も眠れないくらいだったんだよ」綾香は「でも・・私・・・」と言いながら、そのおまんこがじゅっと濡れて来たのを感じた。夫:「綾香が信也さんとしている時の理性を忘れた淫乱な姿が頭から離れないんだ・・想像するだけですごい興奮するんだよ」

綾香:「でも・・信也さんと二人でってことは、ご飯食べたりお酒飲んだりもしちゃうってことでしょ?それでもいいの?まるで恋人のようになっちゃうかもしれないわよ・・」

夫:「綾香・・本当は綾香も二人で会ってデートしたりエッチしたりしたいんでしょ?本当のこと言っても怒らないから」

綾香:「えっ・・そんなの・・だめよ・・」

夫:「本当はお洒落して信也さんとデートして、ご飯食べてお酒も飲んで、その後いっぱいエッチしたいんでしょ?本当は恋人みたいな関係になりたいんじゃない?もう信也さんのアソコが離れられないんでしょ?エッチだけじゃなくて本当はデートとかもしたいんだよね・・」

綾香:「あなた・・でも・・本当にそんなことしていいの?」夫は愛する妻の綾香が信也さんと恋人同士になることを想像し激しい嫉妬に襲われた。しかし、妻の妖艶な肉体だけではなく、心まで愛し合ってしまう二人の関係に対する嫉妬はすぐに激しい興奮へと変わって行った。夫:「綾香が信也さんに心も体も預けて愛し合っているところを想像すると堪らなく興奮するんだよ・・昨日の夜、綾香が信也さんと見つめ合いながら抱き合って激しいキスをしているのを見てすごい興奮したんだ・・それが忘れらないんだ・・思い出すだけでビンビンなんだよ」綾香は夫の性癖が分かってきたし、自分も段々興奮してきて、本当にしたいことを全部言ってしまおうと思った。綾香は夫の敏感な乳首を舐め始め、手コキをし始めた。綾香は目を細めて夫を見つめながら言った。その妻の目は妖艶で淫乱で夫を挑発するような目であった。綾香:「本当はね・・私・・あなたのおちんちんも大好きだけど、信也さんともいっぱいしたいの・・私がSになってみたりMになってみたり色んなプレイを信也さんとしてみたい・・信也さんをもっと気持ち良くさせたいの・・あなた・・またおちんちんがヌルヌルしてきているわよ・・ほらすごい・・あなた気持ちいいの?もっと私の姿を想像して・・あぁ・・あなたのおちんちんすごい固くなってる・・」

夫:「あぁ・・綾香・・気持ちいい・・」綾香は体勢を69に変え、フェラをしながらおまんこを夫が良く見えるように向け、腰を動かし始めた。綾香は夫には全てをさらけ出そうと思った。夫:「すごいよ・・綾香のおまんこすごい濡れてる・・」

綾香:「あなた・・ここに今まで色々な人のおちんちんが入っていたのよ・・固くて大きいおちんちんがたくさん・・信也さんのなんて、はち切れちゃうくらいなの・・私のここはいっぱい精子を受け止めてきたのよ・・色々な精子でぐちょぐちょなの・・」夫は綾香のおまんこに色々なペニスが挿入され、中出しもたくさんされてきたことを想像し嫉妬と興奮で堪らなくなってきた。夫は綾香に「綾香の顔とおっぱいも見たいからこっち来て・・」と言い、69から顔騎へと体勢を変えてもらった。夫は綾香のおまんこを舌で舐め回している。綾香は自分で乳首を舐め、自分でクリをいじりながら、そのいやらしい姿を夫に見せ付けている。綾香:「あなた・・気持ちいい・・私のこの乳首もおまんこもあなた以外の人達にいっぱい吸われて来たの・・ほら舌でこうやって・・みんな私のおっぱい好きって言ってくれたの・・すごい大きくてピンク色の乳輪も乳首もかわいいって・・それにおまんこはいつもヌルヌルなの・・」

夫:「あぁ・・綾香・・すごい興奮するよ・・」

綾香:「おまんこはね・・私のエッチなお汁と精子でいつもヌルヌルなの・・あなた、こんな私のおまんこ舐めたい?」

夫:「舐めたいよ綾香の淫乱なおまんこ舐め回したい・・」

綾香:「じゃぁ・・信也さんとエッチした後シャワー浴びずに帰って来て欲しい?信也さんと愛し合った匂いのままで帰って来て欲しい?信也さんの精子の残り液が付いたおまんこ舐めてみたい?」

夫:「舐めてみたいよ・・綾香が信也さんに抱かれた後の綾香の体、舐め回したい」

綾香:「あぁ・・あなた・・好き・・愛してるわ・・」その後、夫と綾香は激しくキスをして混じり合った。夫は妻が他の男に抱かれる嫉妬と興奮で堪らなくなり、妻はそれをする背徳感とそれを見せ付ける興奮で堪らなくなった。夫と妻は信也さんとの情事を想像して激しく興奮していた。妻はまるで信也さんと交わっているかのように、「信也さん・・あぁ・すごい気持ちいい・・あなた見て私を感じて・・あぁ・・信也さん・・愛しているわ・・」と言うようになった。夫は妻のその言葉に更に興奮して「綾香、愛してるよ、もっと言って欲しい・・」と綾香の耳筋を舐め回しながら激しく呼吸しながら言った。綾香:「あぁ・・気持ちいい・・おちんちんすごい・・あぁ・・信也さん大好き・・もう離れられない・・信也さん愛しているわ・・もっと突いていっぱい突いて・・あなたを感じさせて・・」

夫:「綾香、信也さんが好きなのか?愛してるのか?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチ実話カテゴリー:レイプ体験談

【出会い系で】気に入れば中出しOK 【エッチ】

「気に入れば中出しOK」



という書き込みをセフレマッチコミュで見つけた。



イケメン以外はゴム付きということか?



で溜まっていることもあって興味本位で早速メールを送って交渉

イケメンじゃないからという事で・・・

ゴム付きでって事で会う事になった。



実際に鼻から下のプリクラ画像がサイトには添付されていて

絶対に美人だろうなと思っていたが会ったらかなりの美人だった。



プロフィールにはゴマキ似とありがちな事が書いて

あったが、本当に似ていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2015年12月15日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系で】喘ぎ狂う人妻とのセックス 【エッチ】

出会い系で知り合った人妻とLINEを交換していい経験しました(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



知り合ったのは30代の恵(仮名)さんという人妻



出会い系で知り合った人妻とLINEを交換していい経験しました(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



知り合ったのは30代の恵(仮名)さんという人妻



使ったのは不倫招待掲示板というサイト。



そのサイトの掲示板でLINEを交換することができたので、LINEでやり取りをしました。



出会い系サイトで連絡先を交換するときに注意しておく事は



・女の方から積極的に連絡先を教えてきた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年12月14日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【体験談】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | エッチ実話カテゴリー:レイプ体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【体験談】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月5日 | エッチ実話カテゴリー:レイプ体験談

【友達と】女房の仕事場で【エッチ】

夜中のゴルフ場で

女房がゴルフ場で仕事をしていた頃の話です、ゴルフ場と言ってもキャディではなく洗濯、掃除とか雑用で、

お客さんとはさほど顔を合わす訳でもありませんが、せいぜいロッカールームでお客と接するくらいでしょう、

その頃と言うか、それ以前から、私の性癖で女房とのセックス場面の写真やビデオを撮っていました。

私は自他共に認める位助平は自認していますが、女房も結構助平だと思います、それはというと

結婚する前から裸の写真やビデオを撮らせるのに全くと言って良いほど嫌がりもしなかったからです。

家の中でのセックスは、ベッドの上は勿論、台所でも、トイレの放尿も、お風呂でのビデオも撮り尽くす程撮りましたし、

友人との3Pなども、ビデオに撮り大事なコレクションとして今も取ってあります。

家の中は勿論、近くの山の中へ入りまだ小さな子供をそばに置いて、そのヘリでしゃがんで小便をしているところを撮ったり

子供を妻のさとに預けて二人きりで山奥に入り、シートを敷いて、青空の下、二人とも全裸になり

三脚にビデオカメラをセットし、オメコしている所等も何度も撮りました、アングルもいろいろ変え

特にもろに女房のオメコに私のチンボが、ズボズボ抜差ししている所などをよく撮りました。

そして子供も大きくなった頃、女房が近くのゴルフ場で働き始めました。

ある日、女房が仕事から帰ってきて私に「これお客さんから貰った、」と言って、青い錠剤を見せました、

それはまだ誰でも手にいれる事も難しかったバイアグラでした?(何で?)とも思いましたが


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】屈辱の体験【エッチ】

私は21歳で名前はカナと言います。

18の時からキャバクラで働いてました。

お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて

結婚も考えていました。

彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり

売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい

ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。

先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃

明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが

四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。

そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。

私はオーナーに厨房に呼ばれて

「カナ、あいつらの席につかないで今日はもうタクシーで帰って」

「俺、あいつらに金借りてて今日が期限なんだけど用意できなくてよ。」

「他の席にオールチェックかけてみんなあそこにつけるから。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年1月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】何回も…【エッチ】

パジャマかわいいね。

その上から割れ目を指でなぞるよ。

ゆっくりと焦らすように微妙な力加減で。



っ…はぁ…んっ

もどかしい…



こんなのでも感じちゃうの?

クリ敏感だね

(エナの脚を開いてM字開脚させる)

やらしい格好だよ。

もどかしいならこれはどうかな?

(エナの後ろに回るとそこからパジャマの中に手を伸ばす)

ここが感じるんだね?

(下着の上からクリを指で撫でる)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年12月31日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】美紀【エッチ】

「美紀の体をよく見せてもらうからな!」

Tシャツをたくし上げて、ブラもついでに押し上げる。

白いきれいなおっぱいが飛び出してくる。

ピンクの乳首にしゃぶりつくと

「ああ・・ん」

美紀は声上げる。

舌をまわしながらしゃぶりあげる。

「ああ・・いい・・感じちゃう・・」

おっぱいを触りながら、ミニのファスナーを下ろして、スカートを下げる。

ピンクのレースパンティーが見える。

クロッチに指を這わせて、中指でクリのあたりを刺激してやる。

「ああ・・そこ・・だめ・・」

少しきつめにこする。

「ああ・・やだ・・よごれちゃう・・」

「それじゃ、脱がしてやるよ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年12月15日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】画像の中の女の子 ~アダルトサイトにて~【エッチ】

不覚にも、ある女の子に勃起してしまった。

自宅専用のPCで、毎晩のようにアンダーグラウンドな世界をネットサーフィンしていたときだった。

たまたま目にしたものだったが、無数に掲載されている広告宣伝のなかに、それはあった。

ひょっとしたらすでに知っている人のあいだでは有名になっている画像かもしれない。

その画像は、被写体が一人、とある場所で、自画撮りしてうpしている画像だった。

その画像の被写体の姿を一目見た時に、久々にペニスが喜びの声をあげた。ついつい、その画像をクリックしていた。

すると別の画面が開いて、直リンした。

たいていは関係のない別のサイト画面が開くため、お目当てのメインページにたどり着くのに一苦労する羽目になるが、今回は直リンした。

さて、メインページの画面には、自画撮りでアップロードした画像が数枚とそれに対する被写体本人のコメント、さらに、閲覧者からのコメントが数件寄せられていた。この被写体の女性は、中高生だと思った。

最初の画像から数枚は、手始めの意味に載せてみて、閲覧者からの反応を待っていた。

その数枚の画像の後に、××を着てM字開脚の格好をとった下半身だけの姿を撮った画像があった。この画像だけでも、被写体が自らの意思で見せている股間の魅惑に耐えられず、画像のなかの女子校生相手に徐々にペニスが膨れ上がった。しかし、次に画像が続いているから、この画像だけで射精するのは我慢して、興奮を鎮めることにした。画像の女子校生の色気に完全に負けていた。10代の女の子に「振り回されている」自分自身に気付かされた。

次にみた画像は、着衣姿を撮ったものだった。良いプロポーションだと思った。着衣の上からでもわかる女体のラインがとてもきれいだった。また着衣のデザインや色彩が被写体をさらに艶めかしく引き立てていた。

次にみた画像は、前述した、メインページへ誘う画像にも使われていた画像だった。ポーズは先ほどと同じで、今度は、形の良い両胸だけをはだけさせていた。刺激が僕のペニスに反映されるまで時間はかからず、再び勃起してしまった。

次の画像は、座った姿勢で大きく股下を開き、股間部分の生地をくいっと上に引き上げてた。他の誰かから強制されているわけではなく、自分の意思で積極的に女の股下を強調することに、ペニスはかつてない歓喜をあげていた。

次の画像は、被写体が真っ白い布団のような場所で着衣の状態で仰向けになっていた。両脚をピタリと綴じた格好で、被写体の女子校生が自分で○○を着衣の下半身にかけているものだった。○○を下半身にかけている意味は解説していなかったが、そのかかっている○○は、まるで、射精して精子精液が飛び散った様子をみたてた白濁液のようだった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年11月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
1 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ